不動産鑑定団GT

不動産の売却について考える

不動産の売却を検討している、という話はちらちら周囲から聞こえてきます。人によっては現に居住している物件を「売ってくれ」というチラシが自宅に届くこともあるようです。また家と土地を売却したいのに数年間売れない、というような話もあります。
話を聞いていて感じたのは、売れる物件というのはやはり立地がよいということです。売ってくれというチラシが届くという物件は、世田谷区にある多摩川沿いのマンションでした。建物が建ってから20年近くの時間が経過してもそれなりの価格がついているようです。
逆に売れないという話になっているのは、地方都市(県庁所在都市です)の住宅と土地の組み合わせです。もともと中古だったので建物自体も古く、また建っている場所も駅からもだいぶ離れています。閑静な住宅街ではあるのですが、車がないと移動が厳しい場所です。
このように、転勤などに伴い売却する可能性も考慮に入れると、不動産の購入に際しては立地のよさが非常に重要になってくるということがよく分かります。後者の中古住宅の場合でも、新幹線が停車するJRのターミナル駅に徒歩で行けるようなところにあったら結果はだいぶ違っていたと思われます。

 

マンションの売却はリフォームをしてから